所長ブログ

2011年12月 6日 火曜日

雫石事件

雫石事件

全日空機雫石衝突事故は、1971年7月30日に発生した自衛隊機と民間航空機が空中衝突した事件です。

岩手県岩手郡雫石町上空を飛行中の全日本空輸の旅客機と航空自衛隊の戦闘機が飛行中に接触し、双方とも墜落しました。自衛隊機の乗員は脱出に成功しましたが、機体に損傷を受けた旅客機は空中分解し、乗客155名と乗員7名の計162名全員が犠牲になってしまいました。1985年8月12日に「日航ジャンボ機墜落事故」が発生するまで、最大の犠牲者数を出した国内の航空事故です。

刑事裁判および民事裁判は結審しており、双方の過失を認定しつつも自衛隊機側の責任がより重いと判断されました。報道では全面的に自衛隊側に事故責任があるとされていました。民事での過失割合は国2:民間1の割合で結審しました。

大学の恩師の思い出

上記雫石事件の民事を結審した、元東京高等裁判所 所長の故髙野耕一先生は大学の恩師です。
上記事件において当時のマスコミは「100%国(自衛隊)」が悪者のように報道し、視聴者はそれを信じ、自衛隊を怨みました。

しかし、事実は違っており、過失割合は2:1であったのです。結局、マスコミは、「真実」を伝えるより、如何に「視聴率アップ」「新聞発行部数のアップ」を最優先順位としているのかが分かりました。当然、「国(自衛隊)が民間航空機に追突し、多数の民間人が亡くなった。」と記載するのと、「民間航空機が自衛隊機に追突し、多数の民間人が亡くなった。」と主語を入れ替えるだけで、「やはり国(自衛隊)は悪い奴だ」と視聴者等を煽った方が、記事等は売れやすくなると思います。

「マスコミを疑え」、「真実を求めよ」、「真実を判断できる人格を育てよ」等、恩師から学んだことは人生の宝物です。
「活字を疑う」「TV報道を疑う」、大事な事だと思います。

現代におけるマスコミ報道も、比較的最近では「松本サリン事件」等過去の教訓を生かしていないような気がしてなりません。







投稿者 司法書士法人水上事務所 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事