HOME > 業務案内 > 任意整理

任意整理

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を介さずに、司法書士等が債務者の代理人として債権者と交渉に当たり、再計算をして債務の減額を図ったり、また残った負債についても長期分割払いや将来利息カットなどの有利な条件での和解成立を目指して交渉する手続です。
債務整理の手続の中でも、裁判所を介さないという点に特色があり、したがって比較的簡易・迅速な手続といえ、費用も一般に割安といえます。
司法書士が交渉窓口となることで、貸金業者はあなたに対する取立や連絡をすることが法律上出来なくなります。それによって、長らくあなたを悩ませてきた貸金業者からの取立や連絡がストップするので、本来の生活に集中できるようになります。
また、弁護士が入ると、貸金業者はこれまであなたと行ってきた過去の全取引履歴を開示する義務を負います。そして、開示を受けた取引履歴をもとに、弁護士 がそれまでの高利の約定金利を法定金利で再計算(「引き直し計算」といいます)の上、再計算額での和解を成立させることができ、その結果債務を大幅に圧縮 できることがあります。
なお、任意整理でも、ブラックリスト(信用登録情報)には載りますので注意が必要です。しかし、ブラックリストに載るとそれ以上の借入ができなくなるとはいえ、元々借りすぎが債務整理の原因なのですから、経済的更生のためにはむしろ載った方がよいくらいです。
また、債務の減額といっても、任意整理では、引き直し計算後の元金の減額までは困難です(ほとんどの業者は、元金減額には応じません。)。

任意整理の流れ

返済月額、返済回数、支払日などを依頼者の状況に 合わせた返済プランを立てます。

返済プランを基に各債権者と交渉・調整します。

決定した返済プランを基に返済を行います。 指定の銀行口座へ振込による返済となります

任意整理のメリット、デメリット

  • 裁判所を通さず司法書士・弁護士が代理人となり債権者と直接交渉・和解等を行いますので同居人やご家族にも内緒で進めやすい。
  • 過去の取引も含め、利息制限法に則って引き直しを行い過払い金を請求し、和解します。
  • ほとんどの場合、和解後からの将来利息はなくなり元金のみを弁済します。
  • 残っている借金を過払い金で相殺できる可能性があります。
  • 債務整理する業者を選択することができます。
  • 残債務のある場合は、債務整理(任意整理等)手続からの過払い金請求となりますので、信用情報機関に登録されます。このため、数年間は金融機関でのお取引に影響が出る可能性があります。上記残高の無い場合でも、業者により信用情報に登録される場合もございます。
  • 無理な交渉(最長5年を超えるような交渉や、返済原資を大幅に超えた弁済不能状態の場合など)であれば、不調になることもございます。