HOME > 業務案内 > 個人再生

個人再生

個人再生とは

個人再生とは、多額の債務を抱えている個人が、裁判所の許可した規定の範囲で減額した債務を、3年~5年で分割弁済する再生計画を立て、それが認可され、その計画に従い返済を完了すると、残債務が免除されるという制度です。

個人再生の流れ

お電話・お問い合わせフォームなどからご連絡下さい。

受任通知により債権者からの取立ては止まります。

利息制限法の上限金利を超える利息を払っていた場合は引き直し計算を行い借金の額を確定します。
借金が大幅に減額できた場合には任意整理へ変更することもあります。

3~5年程度で支払っていく借金の金額が確定します。


個人再生のメリット・デメリット

  • 元金を大幅に減額することができる。
  • 債自己破産のように持ち家を手放す必要がない。
  • 借金の理由がギャンブルや浪費であっても利用することができる。
  • 自己破産のような職業制限がない。
  • 再生手続き開始後の利息は全額免除される
  • 定期的な収入がないと利用できない。
  • 手続き費用が他の債務整理と比べて高い。
  • 住宅ローン以外の借金が5,000万円は利用できない。
  • 手続きに時間がかかる。
  • 借金の減額はできるが、減額された債務を継続して支払っていけない場合は利用できない。
  • 住宅ローンの債権者以外の債権者に住宅を抵当に取られている場合は利用できない。