特定調停

特定調停とは

特定調停とは、裁判所が、借金整理・借金返済をしたい人と消費者金融等の債権者との間に入って、借金減額と新しい借金返済プランを話し合う制度です。特定調停では、調停委員が借金整理・借金返済を申し出た人の代わりに、債権者と話し合いをしてくれます。
借金整理・借金返済をしたい人の心理的な負担は少なくてすみます。特定調停では、利息制限法を越えて支払った分については元金に充当します。その減額された元金に対して利息をカットして額を返済していきますので、返済額が利息に消えていくことがなく、確実に元金が減っていきます。

特定調停の流れ

当事務所が相談者にとって、一番良い方法をご提示します。

必要書類をそろえて、裁判所に提出します。

裁判所で調停を行います。

特定調停のメリット・デメリット

  • 裁判所からの通知が届くと、各債権者からの請求が止まります。
  • 利息制限法で定められた約18%の利率で、取引当初から計算し直すため、債務額が減額される可能性がある。
  • 将来利息(今後支払わなければならなかった利息)はカットしてもらえる。
  • 調停する債務を選べるので、保証人のついたものを外すことも可能
  • 自己破産の場合、ギャンブルや浪費での借金では免責になるのは困難だが、特定調停ではギャンブルの借金でも構わない。
  • 官報には載らない。
  • 信用機関情報(いわゆるブラックリスト)に載り、5年~7年、借り入れやローンが組みにくくなり、カードが作れない。
  • 引き直し後の元本を減額することは(一括弁済を除き)、個人民事再生と異なり、通常できない。
  • 過払い金の回収ができない。
  • 手続きに時間がかかる。
  • 決定した返済計画通り、返済できなかったり、返済が遅れたりすると、直ちに給料等を差し押さえられる恐れがある
  • 任意整理に比べると、何度も裁判所に足を運ぶ必要があり、手間がかかる