HOME > 不動産の名義変更

不動産の名義変更

不動産の名義変更とは

「不動産の名義」と世間一般でよくいわれているのは、正確には、不動産登記のことです。
不動産の所有者が変わった場合に、不動産登記の名義を新しい所有者の名義に移すことを、所有権移転登記といい、一般に不動産の名義変更と呼んでいます。

不動産の名義変更はどんなときにするの?

不動産の名義変更(不動産登記)は、いったいどんなときに、行われるのでしょうか。
代表的なものとして、不動産を購入した時、不動産を相続した時、不動産を贈与された(もらった)時があげられます。離婚による財産分与もよく行われます。

不動産の登記名義を自分の名義に変えておかないと、他人に対して自分が名義を取得したことを主張できません。それどころか自分以外の他人が勝手に名義変更をしてしまう恐れもあります。
不動産に関する権利を取得した時は速やかに名義変更手続きを行ってください。